歯科,機器,材料,商社,ヨシダタロウ,製品・サービス

製品・サービス


みなさまの笑顔のためにお届けする商品とサービスについてご紹介いたします。


おすすめ書籍情報 (1月)

書籍名

ザ・クインテッセンス別冊YEAR BOOK2013
日常臨床で必ず使える!
歯内療法克服の一手
歯を保存する診断、テクニック、マテリアルのすべて

Part1 必ず知っておきたい歯内療法の世界的潮流
  最新歯内療法のグローバルスタンダード

Part2 臨床家・大学人15人の“明日から役立つ歯内療法の診断・治療ダイジェスト”
  1 一縷(いちゐ)の望みと最後の砦
  歯肉縁下では,こんなことが起こっている
  3 複雑・怪奇な根管系(root canal system)への治療戦略
  4 歯内治療で大事なこと
  5 歯内療法で大切なこと
  6 「歯を抜きたい」という患者はいない
  7 専門医制度のない国の歯内療法専門医
  8 これから問われる歯内療法のために
  9 歯内療法は感染との戦いである?どこに感染源が存在し,どう処置するか
  10 再発に対するリカバリーとエンド-ペリオ合併症に対する積極的アプローチ
  11 外傷歯学が教えてくれた歯内療法の本質
  12 GPが考える歯内療法とは
  13 患者のための歯内療法
  14 感染根管治療におけるJHエンドシステムの応用
  15 歯内療法における抜歯基準を再考する?大きさに惑わされない考え方

出版元

クインテッセンス出版

著者

 ザ・クインテッセンス編集部

定価

5,775円(税込)




書籍名

削るう蝕 削らないう蝕
CHAPTER1 う蝕とはどういう疾患か
  1-1 臨床医は、う蝕を日常臨床でどう捉え、マネジメントしていくべきか
  1-2 う蝕の疫学 -う蝕は本当に減少したのか?-
  1-3 う蝕≠う蝕病変

CHAPTER2 カリエスリスクアセスメントとリスクの重みづけ
  2-1 カリエスリスクをどう考慮するか -リスクの把握からリスクの重みづけへの転換-
  2-2 カリエスリスクアセスメントの概要
  2-3 カリエスリスクアセスメントに関する既存概念モデル
  2-4 カリエスリスクアセスメント項目の重みづけ

CHAPTER3 う蝕の診査・診断と介入・非介入の判断
  3-1 初期病変をどう診るか -時間軸による臨床判断-
  3-2 新しいう蝕病変の診査・評価システム
  3-3 う蝕病変の活動性判定の重要性
  3-4 介入と非介入の判断の重要性
  3-5 介入と非介入の判断基準を視野に入れたう蝕診断法

CHAPTER4 再石灰化促進療法と修復処置
  4-1 その“削り方”は、現在のコンセプトに合致しているか
  4-2 歯質再石灰化のメカニズム
  4-3 再石灰化促進の手段
  4-4 う蝕象牙質除去の指標と方法
  4-5 臼歯の修復処置
  4-6 リペア(補修修復)

CHAPTER5 テーラーメイド医療としてのう蝕のマネジメント
  5-1 テーラーメイド医療としてう蝕マネジメントを考える
  5-2 時間軸で考えるう蝕治療の重要性
  5-3 う蝕のメインテナンスの考えかた
  5-4 ヘルスプロモーションとしてのう蝕マネジメント

出版元

クインテッセンス出版

著者

[監修] 今里聡
[編集] 林美加子・伊藤中

定価

11,550円(税込)




書籍名

コンセプトを持った予知性の高い歯周外科処置
第1章 総論-歯周外科をより広く理解するために
第2章 歯周外科の臨床的位置づけ
第3章 歯周外科の基本テクニック
第4章 深い歯周ポケットの治療
第5章 骨の形態異常?切除
第6章 骨の形態異常?再生
第7章 根分岐部病変
第8章 歯肉-歯槽粘膜の問題
第9章 欠損部歯槽堤の形態異常
第10章 歯肉縁下カリエス
第11章 歯牙の位置異常
第12章 矯正とペリオ
第13章 インプラントとペリオ
第14章 治療計画
第15章 歯周治療後のメインテナンス

出版元

クインテッセンス出版

著者

小野善弘・宮本泰和・浦野智・松井徳雄・佐々木猛

定価

20,580円(税込)





書籍名

歯科診療で知っておきたい全身疾患の知識と対応
1 モニタリング
2 循環器疾患
3 代謝・内分泌疾患
4 血液疾患・凝固異常
5 精神疾患
6 呼吸器疾患
7 骨格・結合組織疾患
8 腎疾患
9 脳血管障害・神経疾患
10 近位伝達麻酔法
対診書の書き方

出版元

学建書院

著者

 高杉喜弘

定価

9,450円(税込)




書籍名

見る目が変わる!
「欠損歯列」の読み方、「欠損補綴」の設計

CHAPTER1 「欠損歯列」と「欠損補綴」とは?
  section1 ディスカッションでわかる「欠損歯列」と「欠損補綴」
  section2 「欠損歯列」と「欠損補綴」のコンセプト

CHAPTER2 「欠損歯列」の病態と予後の診断
  section1 レベル・パターン・スピードからみた病態診断
  section2 欠損の進行のコースと予後判断:リスクを把握した補綴設計のキー

CHAPTER3 「欠損補綴」への個々のリスクの捉え方と予後
  section1 欠損形態によるリスク
  section2 咬合によるリスク
section3 パラファンクションによるリスク
  section4 歯根・歯槽骨・顎堤の状態によるリスク
  section5 上下顎のアーチのバランスの違いによるリスク

CHAPTER4 「欠損歯列」と「欠損補綴」の諸相
  section1 臨床の諸相
  section2 学術の世界から

CHAPTER5 「欠損歯列」「欠損補綴」の視点からの長期経過症例の評価
  section1 長期経過症例

APPENDIX

出版元

クインテッセンス出版

著者

[編著] 本多正明・宮地建夫・伊藤雄策・武田孝之
 

定価

16,800円(税込)




書籍名

クイズで食育!
指導にお便りに、そのまま使える楽しい栄養指導資料

1章 食材
2章 栄養・バランス
3章 健康・体
4章 おやつ
5章 ランキング&豆知識
6章 行事・季節

■付録CD-ROM収録/パワーポイント+画像データ

出版元

東山書房

著者

[ 著 ] 嶋田和子

定価

2,100円(税込)




書籍名

これでいいのだ、総義歯作り
易しく優しい密着総義歯の作り方

歯科医師と歯科技工士に易しく、患者さんに優しい“ミラクルデンチャー”テクニック
・咬合採得は中心位を探す代わりに「安静位呼吸法」で行う。
・人工歯の排列は吸着義歯にしないために「平行法」で行う。
・半調節性咬合器は必要なし、ゴシックアーチ描記も不要。

第1章 診療室と技工室でやるべきこと

第2章 “ミラクルデンチャー”テクニックの臨床例
  1.保険で新しく義歯を作る場合
  2.旧義歯を利用して作る方法
  3.通院が困難な患者さんのために少ない日数で義歯を作る方法
  4.最高級義歯の作り方

第3章 ナソロジーの矛盾と吸着義歯の問題点
  1.ナソロジーの矛盾(中心位:A=Bか)
  2.吸着義歯の問題点(歯槽骨は骨ではない)

出版元

第一歯科出版

著者

 大坪建夫

定価

9,870円(税込)




書籍名

QA110番
歯科医院[経営・税務・法律]のソリューション

CHAPTER1 経営
  組織や業務内容
  給与・待遇
  患者との関係
  その他

CHAPTER2 税務
  歯科医業
  生活一般

CHAPTER3 法律
  医院経営や診療に関して
  生活一般

出版元

デンタルダイヤモンド社

著者

 門田亮・今村正・金田英一

定価

4,200円(税込)