歯科,機器,材料,商社,ヨシダタロウ,製品・サービス

製品・サービス


みなさまの笑顔のためにお届けする商品とサービスについてご紹介いたします。


おすすめ書籍情報 (4月)

子どもの不正咬合 副題 一般歯科医に伝えたい考え方と早期発見のポイント39

製品名

子どもの不正咬合
副題 一般歯科医に伝えたい考え方と早期発見のポイント39

歯並びへの関心が高まり、子どもの不正咬合に関する知識の充実が求められている現在、予兆を見逃さず、適切なアドバイスや最小限の介入で予防することが GPに必須な要素の一つである。問題点に気づかず初めの対応を誤り、難しい症例へと発展して患者に辛い負担を増やす結果にならないよう、信頼されるかかりつけ歯科医、学校歯科医として最低知っておきたい、気づいてあげたいポイントを厳選、症例に沿ってわかりやすく解説。子どもたちの健康な笑顔を願う、矯正臨床歴30年の著者渾身の書。

出版元

クインテッセンス出版株式会社

著者

井上裕子

定価

¥7,350(税込)



ITI Treatment Guide Volume 3 抜歯部位へのインプラント埋入 治療オプション

製品名

ITI Treatment Guide Volume 3 抜歯部位へのインプラント埋入
治療オプション

インプラント臨床家のためのトリートメントガイドシリーズのVol.3。抜歯部位へのインプラント埋入に焦点を当てる。各埋入タイミングの利点・欠点を解説するほか、Vol.1、2同様、難易度および埋入タイミングを決定するために考慮しなくてはならない要点をまとめた表を掲載・テンプレート化してある。この表を実際に活用した豊富なケース報告に加え、合併症についても述べられており、どのような局面にも参照可能な一冊。

出版元

クインテッセンス出版株式会社

著者

[編集委員] Daniel Buser、[編集委員] Daniel Wismeijer、
[編集委員] Urs C. Belser、[監訳] 勝山英明、[監訳] 船越栄次

定価

¥12,600(税込)



新小児歯科学 第3版

製品名

新小児歯科学 第3版

「小児歯科学教授要綱」に準拠し、「歯科医師国家試験出題基準」における小児歯科学の項目にも焦点を合わせた最新テキスト。4年ぶりに全面改訂を行い、症例写真等のカラー化と最新のデータを掲載、全23章に及ぶ充実した内容と項目ごとの詳細な解説により、卒後研修医や一般臨床医、さらには小児歯科専門医の要求にも十分こたえられる内容となっている。

出版元

クインテッセンス出版株式会社

著者

[編集] 下岡正八、[編集] 五十嵐清治、[編集] 苅部洋行、[編集] 木本茂成、
[編集] 鈴木康生、[編集] 大東道治、[編集] 田村康夫、[編集] 本川 渉

定価

¥12,600(税込)



漢方・中医学講座-実践入門編 第2版

製品名

漢方・中医学講座-実践入門編 第2版

●現代医学教育を習得した医学生・研修医・プライマリケア医に,臨床にいかに中医学を取り入れるかを重点に,漢方・中医学の理論と診療の実際をコンパクトに記述。内科医である著者が実践してきた“漢方薬を用い診療を行う”治療効果について提示し,わかりやすく解説。
● 医学生・薬学生には,漢方・中医学の基礎を学ぶ上でのテキストであり,また漢方に興味を持つ医師には第一歩となる手引き書。

出版元

医歯薬出版株式会社

著者

入江祥史

定価

¥5,250(税込)



新版 歯科診療における放射線の管理と防護 人体への影響の正しい知識と理解

製品名

新版
歯科診療における放射線の管理と防護
人体への影響の正しい知識と理解

●歯科臨床に欠かせない放射線検査技術は,近年,デジタルX線診断システムや歯科用コーンビームCTが普及するなど大きな進展を見せています。
そして,これに伴い放射線被曝と防護の考え方にも新たな対応が求められています。
●本書は既刊『第2版 歯科診療における放射線の管理と防護』の内容を,放射線防護を取り巻く最近の変化に即した形で一新し新版として出版した,歯科臨床の放射線検査における必携の書です。
●①2007 年の国際放射線防護委員会(ICRP)新勧告の放射線防護の考え方,②1990年のICRP勧告に準拠しているわが国の法体系との整合性と実用的な対応,③新しい画像診断技術の普及に伴う放射線被曝状況の変化と対応方法,④低線量放射線影響の機構についての最新の知見と患者説明,等について詳細に解説しています。

出版元

医歯薬出版株式会社

著者

佐々木武仁・島野達也 編集委員

定価

¥7,350(税込)



実践マスター誰にでもできる咬合採得

製品名

実践マスター誰にでもできる咬合採得

Ⅰ 有歯顎の咬合採得
1 咬合採得は関節法の要
2 咬合・補綴治療の重要ポイント

Ⅱ 欠損歯列の咬合採得
1 咬合採得は何のために行うのですか?
2 咬合採得の手順
3 咬合採得の場合分け
4 咬合採得の技術論
5 下顎が偏位し補正が必要となる場合の咬合採得前の処置
6 咬合平面に大きな乱れがある場合の対応
7 咬合挙上についての検査,診断,実施法

Ⅲ インプラントの咬合採得
1 咬合に影響するインプラントの特徴
2 遊離端欠損における咬合採得の術式(ステップ)
3 症例によって咬合採得の方法は異なる
4 まとめ

Ⅳ 総義歯の咬合採得
1 咬合採得の前に
2 現代の無歯顎者に対する咬合採得法

Ⅴ 生体は咬合をどうみているか
1 基礎的事項の理解はとても大切
[有歯顎・無歯顎・インプラント]の[かたち・はたらき・感覚]
2 “その後”の咬合を常に見守る医療体制づくりを

出版元

株式会社ヒョーロン

著者

日本顎咬合学会

定価

¥15,750(税込)